題目3:地方での道路災害低減化に向けた特殊土対策工の運用モデルの構築

エチオピア地方部では、雨季に道路災害が発生する箇所でも、ほとんど対策工が行われていません。これを改善するためには、沿線住民と行政が連携し、通行性の向上や早期復旧に向けた対策をする必要があります。題目3では、ケニアとの国境近くの南オモ県にて、過去の道路災害発生と対策実施状況を把握し、在来植物由来のセルロース系土質改良材を利用した、特殊土地盤上の道路整備手法を開発します。そしてこの手法を行政・大学・コミュニティが連携し、持続的に運用する道路防災・減災モデルを開発します。