地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」

 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」

安原 英明 Hideaki YASUHARA

京都大学大学院工学研究科 都市社会工学専攻 ジオマネジメント工学講座 ジオフロントシステム工学分野・教授(2023.4.1~); PhD
~2023.3.31 愛媛大学理工学研究科 生産環境工学専攻・教授

専門分野/研究課題/キーワード

岩盤工学、地盤工学、地球・資源システム工学、防災工学

動画

2023年2月
2021年度アフリカ地域研究資料センター公開講座

MNGDプロジェクトにおけるエチオピア渡航歴

2019.9.23~9.30:アジスアベバ
2022.9.25~10.2:アジスアベバ
2023.9.27~10.2:アジスアベバ、ジンカ

MNGDプロジェクトにおける研究発信

【国際学会・研究会】
・2021年度 京都大学アフリカ地域研究資料センター公開講座「工学研究者、アフリカへ行く!」–第2回(2021年11月27日)安原 英明「アフリカで地盤環境工学を考える」

・Yasuhara, H. 2019. Keynote Speach, Development and Operation Model of Plant-derived Soil Additives for Road Disaster Reduction on Problematic Soil: Introduction of MNGD in Ethiopia. 2nd ASEAN – Japan Meeting Point of Collaboration by Stakeholders and Researchers for Reducing Environmental Problems in ASEAN Countries, Hilton Hotel, Naypyidaw, Myanmar. December 11, 2019.

・Public Lecture for Geotechnical Engineering. September 25, 2019. at Red Carpet Hall at Addis Ababa Science and Technology University.
–Yasuhara, Hideaki. Bio-cementing technique: Enzymatically-mediated calcite precipitation